坪庭 歴史

日本書紀 によると 7世紀 前半に在位していた 推古天皇 も宮の南に須弥山と呉橋のある庭を持っていたことや7世紀後半に在位する. 坪庭とは元々は平安時代の貴族の屋敷における 建物同士を繋ぐ渡り廊下に面した空間を壷と指し そこへ萩や藤などの花物の樹木が植栽されていた事に由来すると言われております 陽の光を浴びながら育つ草花や木々と灯篭や飛び石などの装飾をレイアウトして魅力あふれる坪庭作りにチャレンジしてみませんか.


和風苔坪庭 株式会社千年翠 せんねんのみどり ガーデンプラット 禅ガーデンのデザイン 日本庭園 庭 モダン


観智院 庭園 多様な枯山水と風情ある露地庭 日本庭園 庭 前庭の造園

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *