小児特有の病気には38の発熱が出るものも多くあるため 熱の高さではなく全身症状をよく見て判断 することが大切です 子どもが38以上の発熱でぐったりし水分摂取ができないときには初日で受診をしたほうが良いですが同じ38でも元気であれば12日くらいは様子を見ましょう. 目次1 小児の発熱の鑑別診断11 頻度の多い疾患2 ショックの基準はバイタルは21 SIRSの定義小児3 小児のpitfall4 髄膜炎41 Bacterial Meningitis Scor42 抗菌薬. 髄膜炎の症状 8つの見分け方 気づいてあげて 髄膜炎の代表的な症状を知って早期受診 髄膜炎 […]